Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

キテレツ大百科、コロ助の「はじめてのチュウ」にドハマり

f:id:DetchUP:20151228014841p:plain

 

あけましておめでとうございます。

Detch UP!!です、こんにちは。

 

今日は、「キテレツ大百科」の魅力を、ご紹介します。

 

まるでコロ助が歌っているような雰囲気の「はじめてのチュウ

 

キテレツ大百科のエンディングに、「はじめてのチュウ」という曲があります。

 

ヴォイスチェンジャー系のエフェクトで、震わせたような声で歌っています。

コロ助がまるで歌っているかのようです。

(実際にコロ助が歌っているわけではなく、歌唱はあんしんパパです。

これ実は、この曲の作詞、作曲もしている実川俊晴さんの事です。)

 

好きな人のことを思って、眠れない夜を過ごすという曲で、普通に歌うとただのラブソングのようになってしまうが、コロ助風の声で歌うことで、すごく心に響く歌になっています。

 

そもそもコロスケは、キテレツ斎様が設計をされたもので、しゃべるロボットです。

 

そのコロ助が、切ない思いを持っているというのが、まずびっくりします。

 

ロボットに感情があること自体、すごいことで、今もまだ達成できていない未来のものです。

 

でも、コロ助がしゃべったり、感情豊かに表現したりできるのは、キテレツ大百科のストーリーを見ていると自然に思えてきます。

 

可愛らしい動きや、顔を赤らめたりするところがとても愛らしいです。

 

そのコロ助が歌っているのであると思うと、はじめてのチュウはとても愛おしい曲になってきます。

 

震える声で歌っているところが、コロ助の心の表現のように感じられ、聞き入らずにはいられないです。

 

ぜひストーリーをもう一度見て、はじめてのチュウという曲を聞いてみて欲しいです。

 

溢れる想いが伝わってくるはずです。

 

はじめてのチュウ」を、演奏してみた

 

作詞・作曲 - 実川俊晴

歌 - あんしんパパ(=実川 俊晴