読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

「のだめカンタービレ」で、クラシックを楽しもう。

下品なアニメソング

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

 

今日は、「のだめカンタービレ(2007-2010)」の魅力を、ご紹介します。

 

アニメならではの表現で、「楽しいクラシック音楽」を実現した傑作。

 

クラシックと聞けば、「敷居が高い」「退屈」そんなイメージが強いと思います。

しかし、その概念を覆してくれたのがこのアニメ。

 

元々は少女漫画誌に連載されたものが、高い評価を受けアニメ化されました。

アニメも評価が高く、ちょっとしたクラシックブームを引き起こしました。

 

主人公の野田恵(通称:のだめ)は性格も演奏も個性的。

 

高い技巧を持って要るのですが、音楽に対する情熱はあまり高くなく、技術を磨くよりも好きな曲を好きなように弾いていました。

 

ある時、先輩の千秋新一と出会ってから、音楽への向かい合い方が少しずつ変わっていきます。

 

コミックから入った視聴者にとって、気になるのが「個性的な演奏」の再現。

 

1話冒頭でのだめが弾くベートーヴェンの「悲愴」はやはり個性的でした…。

飛んだり跳ねたり、音が増えていたり…。

 

コミックは文章で伝えられますが、アニメでは実際に音で聞かせなければいけません。

あれをよく再現したなぁ、と驚きました。

 

もうひとつ印象的だったのが、学園祭での「ラプソディ・イン・ブルー」。

なんとピアニカから始まります。

 

コミックで読んだときは、実際に演奏してみたら合わないのではないかと思っていました。

 

しかし、これがばっちり合っているんです。

ピアニカがオーケストラとうまく絡んでいます。

 

クラシックを楽しめる稀有な作品です!

 

【下品なアニメソング三部作】その1「おなら体操」を、演奏してみた

 

作詞:二ノ宮知子/作曲:リアル野田恵(のだめのモデルになった方だそうです)/歌:野田恵

「元気に出そう、いい音出そう~」

 

こんな記事も書いています

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか? 

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp