読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

さすがの猿飛、忍者アニメでギャクアニメです。

f:id:DetchUP:20151228014841p:plain

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

 

今日は、「さすがの猿飛(1982-1984)」の魅力を、ご紹介します。

 

恋の呪文は「好き、ときめきと、キス」

 

さすがの猿飛」は、忍者アニメであり、ギャグあり、恋愛要素もあるアニメです。

 

幼馴染の可愛い女の子と、太って不細工でしかもエッチな主人公(しかし、とんでもない強さなのです!)の、ドタバタアニメです。

「神風の術」でスカートをめくり、パンツを見るのが大好きです。


主題歌が、とてもインパクトがあり記憶に残ります。

スキトキメキトキス

と言う呪文は、上から読んでも下から読んでも同じ言葉になるのが面白いですね。

 

敵対するスパイの2人組のお惚け具合もよくて、古きよき時代のアニメでもありました。


さえない主人公ですが、いざというときは頼りになり、しかも幼馴染のためには危険も顧みない行動力は、まさに王道アニメですね。

 

そして、少しエッチな主人公が、幼馴染とうまくいくのか、いつまでもドキドキする展開となっています。

果たして2人はくっつくのでしょうか?


主題歌が流れて来ると、つい口ずさんでしまいます。

テンポの良い曲でもありますので、唄ってしまうほどですね。

 

昭和の色が濃く残っている学校生活に、今では突っ込みたくなるような風習も。

懐かしいアニメだと思います。

 

OP「スキトキメキトキス」を、演奏してみた

 

「恋の呪文は、スキトキメキトキス!!」

作詞:康珍化/作曲:小林泉美/歌:伊藤さやか 

 

演奏してみた感想

  

「曲のおしまいの、(スキトキメキトキス)×3連発が、カッコイイですね。

(恋の呪文は…)で1小説タメ作ってから、8分の7拍子×3小節。

説得力があります、音的にも歌詞的にも。」