読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

ロボット×空手×愛がテーマの闘将ダイモス

菊地俊輔先生の曲 スーパーロボット大戦 長浜忠夫監督 ささきいさおさんの歌

f:id:DetchUP:20151228014841p:plain

 

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

 

今日は、「闘将ダイモス」の魅力を、ご紹介します。

 

烈風正拳突き!!

 

数あるスーパーロボットアニメの中でも、「闘将」と言う名がふさわしいアニメはダイモス以外はないでしょうね。

 

実はこのダイモスの戦闘シーンには、殺陣師(たてし)を起用しているほどの力の入れようで、ダイモス自体の動きにかなりこだわっていたことが伺えます。

 

多くのロボットアニメの場合は、操作するにはレバーやボタンだというのに、闘将ダイモスは主人公竜崎一矢に繋がれたコードからダイレクトに動くと言う、斬新なロボでした。

 

また、「烈風正拳突き」や「真空回し蹴り」などといった空手技で攻撃すると言うのも、面白かったです。

 

”男女の愛”がテーマとなっており、ドラマ性を持ったアニメとしての深みがありました。

 

ヒロインであるエリカは、記憶を失って倒れている所を竜崎一矢に助けられ、そこから徐々に恋に発展するのですが、実は敵対するバーム星人の地球攻撃提督リヒテルの妹だったことが後に判明。

 

ある種の「禁じられた恋」に悩む二人の姿などが描かれていました。

 

それまでの、「正義と悪」といった簡単に割り切れるロボットアニメとは一線を画し、悲しき敵リヒテルなどと闘いながらも、真の敵では無いと感じた竜崎一矢は、戦う以外の方法でこの戦闘を終結させようとするのです。

 

倒して終わりのヒーローロボットから卒業した人も楽しめるアニメです。

 

OP「立て!闘将ダイモス」を、演奏してみた

 

作詞:八手三郎

作曲:菊池俊輔

歌:ささきいさお