読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

三つ目がとおる、我が家で「手塚先生って性格悪いんじゃ?」説が発生した問題作

f:id:DetchUP:20151228014841p:plain

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

 

今日は「三つ目がとおる」の魅力を、ご紹介します。

 

性格最悪なアンチヒーローが、現存する世界の謎の数々に挑戦する物語

 

主人公の写楽くんは、現存する人類の上位種の末裔です。

頭脳明晰で、そして選民思想の持ち主です。


こんなアンチヒーローが、世界をまたにかけたグローバルな冒険を繰り広げていきます。

手塚治虫先生のヒーローの中では、異色な設定です。


ヒロインの「元祖僕っ娘」和登さんとの掛け合いが、大好きでした。

 

いつぞや東京MXテレビで再放送があったので、喜んで見てみると「現在では差別的表現と受け取られる描写がありますが、原作のテイストを生かすためそのままで云々」とお詫びテロップが…。

 

「当時幼稚園にも上がってない妹と、毎週欠かさず見てたよ。どうしてくれるんだい?!」

と恐る恐る妹に確認したところ、

 

ジャングル大帝見て、ご飯も食べて『満足じゃー』というタイミングに、いつも写楽くんが三つ目から絆創膏が外れて、凶悪な本体に人格交代してて、びびってた!!」

とのこと…。

 

かつて二つ目人(普通の人々)を、圧倒的な科学力と異能の力で支配していた三つ目人。

その最後の一人が、写楽くんです。


世界征服を目論み、オーパーツを復活させたり、他の侵略者を倒していったりするという、なかなか濃い設定とストーリーの作品です。

 

こういった作品を、少年少女向けとして出していけるのが、そこは漫画の神様、圧倒的なストーリーテリング力というほかないと思います。

 

しかしいまだにうちの妹は、

「写楽くんみたいな性格のキャラを描けるんだから、手塚先生って実は性格悪いんじゃない!」

といって聞きません…。

 

唱えよう!! 魔法の呪文!!

 

【呪文】 

「アブドゥル・ダムラル・オムニス、ノムニス・ベルエス・ホリマク‼
我とともに来たり‼
我とともに滅ぶべし‼」

【効能】

・「赤いコンドル」を召喚する。

【用法】

・赤いコンドルを用いて、色々な物をブッ消す。

【注意点】

・赤いコンドルの主な用途は、対象を「ブッ消す」事である。
溶かすのではなく、ブッ消すのであり、後には何も残らない。
その為、溶接などには使う事が出来ない。

OP「?のブーメラン」を、演奏してみた

 

 「ヒュルルンルン×3、奇想天外~」

 歌: 徳垣とも子/作詞:青木久美子作曲:小杉保夫

 

「後年「DANZEN!ふたりはプリキュア」という曲が 出た時、この「?のブーメラン」に曲が非常に良く似ている事が話題になりました。


実際にはこの2曲、作詞も作曲も同じ方だったというだけでした。


それにしても、Aパートのメロディはそっくりです。


プリキュア」のカラオケで「?のブーメラン」を歌ったり、逆をやったりも出来るほどです。


「DANZEN!プリキュア」は、昨日アップしてますので、是非聴き比べてみてください。

detchup.hateblo.jp