読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

オオカミ少年ケン、和製ジャングル孤児ストーリーの草分け。

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

 

今日は「狼少年ケン(1963-1965)」の魅力を、ご紹介します。

 

和製ジャングル孤児ストーリーの草分け。

 
[「ボバンババンボン、ブンボババンバ
ボバンババンボン、ブンボバン」

懐かしいと思う世代には、このリズムだけで充分でしょう。
ケンが木のツルにぶら下がってジャングルを飛び回るシーンが、 まぶたに浮かんでくるでしょう。

アメリカ映画のターザンが記憶に残る頃。
和製ジャングル孤児のストーリーの草分けで、 強くカッコよくユーモラスな、子供たちのヒーロー。
アニメの質が今と比べればまったく上質ではありませんでしたが、直線の身体、たらこくちびる、似顔絵に描きやすいキャラは子ども心に親しみを覚えたものです。

30分番組1話完結で、勇敢な少年の活躍に心躍り、密林の生活にちょっぴり憧れて、公園でブランコの鎖にぶらさがってまねをしたりしました。

(今ならアスレチック遊具ですね。)

エンディングの「チッチとポッポの歌」も、耳に焼き付いています。
ボクら、ふたごの兄弟だい!とかわいいそっくりサン
わんぱくふたごの設定はアニメの定番ですが、おそらくその元祖ではないでしょうか。
そしてなんと、作曲は小林亜星先生。
今でも歌えます(カラオケに入っているかが心配ですが…)

もうひとつの思い出は、 提供の製菓会社のCMにつられて、 キャラシールの封入されたインスタントココアを買い物のたびに母にねだり、家のガラスにはそのシールがべたべた貼られました。

 

そんな幼少時のあったかい思い出がたっぷり詰まった作品でした。

 

使ってみよう!!名セリフ!!

 

「さ、みんなで 遊びに行こう!!」

 【用法】

・みんなと遊びに行きたいとき。
・みんなが遊びに行く計画をたてているが、自分にだけ誘いがかからないとき。 

など

 

OP「狼少年ケン」を、演奏してみた。

 

「ボバンババンボン、ブンボババンバ~」 

作詞:大野寛夫/作曲:小林亜星/歌:西六郷少年合唱団

 

こんな記事も書いています

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか? 

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp