読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

パタリロ、テレビでここまで放映してもいいのだろうか?

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

  

今日は「パタリロ(1982-1983)」の魅力を、ご紹介します。

 

ストレートな、男性の同性愛描写の数々

 

パタリロは、魔夜峰央先生の作品です。
少女漫画に連載された物ですが、テレビアニメでほとんどそのまま放映されました。

 

何故、驚いているかというと、このアニメはホモセクシャルの描写が多いのです。
それもオブラートで包むのではなく、ストレートなのです。

 

例えば、マライヒが昔のスパイの上司から肉体関係を迫られ受け入れるシーンなど。
よくテレビ放映で禁止にならなかった物です。
今でしたら、アウトかも知れません。

 

主人公のパタリロは幼い王様で、頭は良いが発想はばらばらで、無責任です。
ロボット工学では有数の科学者です。
追い詰められると何らかの発明で助かります。

 

印象に残っているシーンの一つに、爆弾のエキスパートのスパイが霧の中を逃げようとします。
パタリロは歯を合わせて小さな音波を出して。その男に近づくのです。
まるで、コーモリが超音波を出しながら、症外物を交わしながら進むようです。
時折、このような人間離れした能力を見せます。

 

ストーリーと関係ないギャグも、突然に出るので、戸惑います。
くだらないと見るのを止めたいのですが、つい見てしまいます。
好きなギャグに、パタリロが突然手を叩いて、

「パパンガパン・パパンガパン、だれが殺したくくろびん・だれが殺した九九ロビン」

と歌うのです。


今でも見れたら見てみたいです。

 

※「だれが殺したクックロビン」には元ネタがあり、おおもとを辿るとマザー・グースになるみたいです。

ちなみに歌の中で、「クックロビンを殺したのは自分である」とスズメが自白するのですが、居合わせる人が誰もスズメを責めようとしません。

「誰もスズメを非難しないのはなぜか?」というのが、今も解けないこの歌の謎のようです。

 

アニメ本編を見てみよう!!

 

東映公式の第一話無料配信

youtu.be

【楽天でDVD・BOXの最安値をチェックする】

 

ED「クックロビン音頭」を演奏してみた

 

「だれが殺したクック ロビン~」 

作詞:田中のぶ/作曲:宮庄順子、青木望/編曲:青木望/歌: スラップスティック白石冬美 

 

こんな記事も書いています

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか?  

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp