読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

ハイスクール奇面組の名前が面白くてたまらない

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

  

今日は「ハイスクール奇面組(1985-1987)」の魅力を、ご紹介します。

 

コトバ遊びのような、ユニークな名前の登場人物たち。

 

ハイスクール奇面組は5人の男の子の集団と女の子2人が中心となって、ストーリが続いていくコメディタッチのギャグアニメです。

 

その中で私が一番記憶に残っているのは、みんなの名前です。

 

主人公の男の子の名前は「一堂零」で、読み方は「いちどうれい」、普通に読んだ場合、「一同、礼!」となります。
奇面組の一員、「大間仁」は「だいまじん」で「大魔神」となります。
そして、ヒロインの名前は「河川唯」。

これは「かわゆい」と読み、「可愛い」から来ています。
ヒロインの名前はちょっと強引な気もしますが、それも味かなと思います。

 

登場人物それぞれの名前が、このような言葉遊びのような名前になっています。

 

毎回、いろいろな人が出てきますが、ほとんどが他の意味を持つ名前なのです。

聞いたら納得できますが、どうやったらこんなにいろいろな名前が考えられるのか、すごく不思議です。
本当に新沢基栄先生の発想力がすごいのだと思っています。

 

それからもう一つ好きだったのが、「奇面フラッシュ」です。
2等身になった奇面組5人の顔がテレビ画面にドアップで映し出されるものですから、
おかしくて、いつも笑ってしまっていました。

 

またもう一度アニメで見たいと思う作品です。

 

OP「うしろゆびさされ組」を、演奏してみた

 

「長い渡り廊下であのヒトと~」

作詞:秋元康/作曲:後藤次利/編曲:佐藤準/歌:うしろゆびさされ組

 

こんな記事も書いています

  

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか?  

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp