読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

妖怪人間ベム・辿りついた「人間になる方法」とは?

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

 

今日は、「妖怪人間ベム(1968)」の魅力を、ご紹介します。

※本編ネタバレあります※ 

 

とても悲しく優しい、3匹の妖怪の物語

 
妖怪人間ベムは、足立明先生が原作の作品です。
1968年に、テレビ放送が開始されました。

 

ベム、ベラ、ベロの妖怪3匹が、人間になる為に人助けをしながら旅をします。
人間に災いする悪い妖怪を倒していくのですが、報われません。


物語のラストでは、人間の魂を食う妖怪と戦います。

そのときに、自分達が人間になる方法を知ります。

 

その方法とは、

「自分たちが魂になって、魂の抜けた人間に入り、その人間にとってかわること」

だと知ります。
しかし、正義感の強い3匹は、他の人間を犠牲にしてまで、自分たちが人間になることに戸惑います。


そして、敵を倒して人間になる事をあきらめるのです。

 

戦いの後、ベムたち三匹のいる家に火がつきます。

人間たちが、ベムたちを殺そうとして火を放ったのです。

 

周りに炎が広がります。
いつもなら、簡単に抜け出すはずなのですが、人間を犠牲にしないと人間にはなれないことを知った3匹は、炎から逃げません。

 

炎が消えて最後に残った物は、彼らの持ち物でした。

 

なんて悲しい結末なのだろうか。

 

人間になれる方法が分かったのに、実行することなく消えていく。
そして、なんて優しい心の持ち主だったのだろうかと、感動しました。

 

子供向けのアニメにしては、とてもヒューマニズムの強いアニメでした。
絵もオドオドしく不気味な感じが漂い、小さな子供は怖くて見れなかったと思います。

 

ですが、今の子供たちにも、頑張って見て貰いたい傑作アニメです。

 

OP「妖怪人間ベム」を、演奏してみた

 

「闇に隠れて生きる、俺たちゃ妖怪人間なのさ~」

作詞:第一動画文芸部/作曲:田中正史/歌:ハニー・ナイツ

 

こんな記事も書いています

  

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか? 

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp 

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp 

明日は、「巨人の星」の記事をお届けします!!