読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

銀河英雄伝説を支えるリアリティは、残酷シーンを避けないこと

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

  

今日は「銀河英雄伝説(1988-2000)」の魅力を、ご紹介します。

 

数えたらキリが無い程の、残酷描写の数々

 

銀河英雄伝説は、リアリティが高いアニメ作品として知られています。

そのリアリティを支えるものは、緻密なキャラクター設定や巧妙な政治的背景などもありますが、私は、残酷シーンを避けないで、しかもそれを実に淡々と描く点だと思います。

 

いくつか例を挙げましょう。

 

物語の冒頭、主人公ヤン・ウェンリーの親友であるラップ少佐が、艦橋で瓦礫に潰されながら息絶えるシーン。

 

それから、もう一人の主人公ラインハルトの親友であるキルヒアイスが、敵将の腹心アンスバッハに銃殺されるシーン。

キルヒアイスは、口と腹部から大量の出血をしながら絶命します。

 

またラインハルトの敵側の猛将で「ミンチメーカー」との異名と取るオフレッサーが、斧を使って敵の将兵を容赦なく切り裂くシーンでは、兵士の体から血が溢れ胴体が千切れまくります。

 

他にも、敵の攻撃を受けた艦内で、腰から下をもぎ取られながら「母さん、母さん」と泣き叫ぶ兵士や、下腹部から腸がはみ出したことに慌てふためきながら、腹の中に押し戻そうとする兵士など、血と肉にまみれた残酷シーンは、至るところに登場します。

 

これらのシーンは、「グロい」との異論もあるようですが、残酷シーンを敢えて避けないで、戦争を堂々と描いた潔さが、この名作アニメのリアリティの根幹を支えているのだと、私は確信しています。

 

OP「Skies of Love」を、演奏してみた

  

「I look above the stars are bright~」

 作詞、作曲、歌:秋吉満ちる 

 

こんな記事も書いています

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか? 

detchup.hateblo.jp 

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

明日は、「はいからさんが通る」の記事をお届けします!!