読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

時代劇ラブロマンスの決定版、はいからさんが通る

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

  

今日は「はいからさんが通る(1978)」の魅力を、ご紹介します。

時代劇ラブロマンスの決定版

 

あの頃少女漫画で好きだったのは、萩尾望都先生、武宮恵子先生、大和和紀先生などの作品群でした。

 

今から考えると、この人たちのファンタジーが好きだったなあと思います。
その中でも、熱いラブロマンスの「はいからさんが通る」。
アニメになると知った時、大和先生のあの瞳がアニメでちゃんと描かれるのか心配でした。

 

これは大正時代の物語ですが、時代劇に分類されていいと思います。
当時はまだ、恋愛ものの少女アニメが少なかったと思います。
少女アニメで恋愛もの、しかも時代劇というめずらしさで選ばれたのでしょうか。

 

そしてアニメは始まりました。

へえーなかなかきれいじゃん。
当時としてはオタクな方だった私は、生意気にもそう思いながら見始めたのでした。

 

始まりはコミカルな話なのに、ストーリーが進むにつれ深刻な話になってくることが良くありますよね。
はいからさんが通るも、そんな感じでした。

 

戦争が始まり、ヒロイン紅緒の好きな人、伊集院が戦死して紅緒はどん底に!
しかし、伊集院は実は記憶喪失で生きていた!

 

この「記憶喪失」というアイテムは、恋愛ものを王道ではないかと思います。
今でこそ「記憶喪失」が使われると「出たー」なんて分かっていながら大喜びしてしまいます。
ですが当時は、そのドラマチックな展開に胸キュンしていたものです。

 

大和先生の瞳も、話数によって差があったように思いますが、綺麗に描かれていました。


時代劇の少女アニメは、もっとあっていいなあと思います。

 

OP「はいからさんが通る」を、演奏してみた

  

「High!!×3、はいからさんが通る!!」
作詞:中里綴/作曲:山口ますひろ/歌:関田昇介

 

こんな記事も書いています

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか?    

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

明日は、「からくり剣豪伝ムサシロード」の記事をお届けします!!