読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

昔懐かしのアニメ『一休さん』は、今でもためになる

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

  

今日は「一休さん(1975-1982)」の魅力を、ご紹介します。

 

とんちは鮮やかだよ、一級品!!

 

子供時代のお気に入りアニメの1つが、『一休さん』でした。

送されていたのがちょうど夕ご飯の時間帯だったので、普段なら「ながら食い」を嫌う親がテレビを止めてしまうのですが、一休さんだけは一緒に面白がって観てくれました。

子供ながらに、安心して観れるアニメでした。

 

でも、観ていて意味がわからない事が、多々ありました。

一休さんのとんちは、どこかなぞなぞのようで不思議な気分でした。

 

例えば、

【この橋渡るべからず】

と立て札があるのに、一休さんは堂々と橋の真ん中を歩いていたのです。

 

今なら

【橋と端の掛言葉】

とわかるけど、当時子供だった私の頭の中は『?…』とモヤモヤしていました。

意外と大人のアニメだったのですね…⁉︎

 

さらに、その当時の配役を見てビックリ‼︎

当時はアニメに夢中で気付きもしませんでしたが、今でも活躍している声優さんが勢揃いしていました。

 

例えば、一休さんをcat's-eyeのルイ姉さんを演じた【藤田淑子さん】や、一休さんの母・伊予の局を、ルパン三世峰不二子で有名になった【増山江威子さん】が演じたりしています。

銀河英雄伝説に出演していた方が多い事にも、驚きでした。

 

昔の良作アニメは、今見返しても面白いです。

聞き覚えのある声優さんも結構いるので、タイムスリップができて不思議ですね。

 

OP「とんちんかんちん一休さん」を、演奏してみた

 

「すき×6、あいしてる~」 

作詞:山元護久/作曲:宇野誠一郎/歌:相内恵、 ヤング・フレッシュ

 

こんな記事も書いています

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか?   

detchup.hateblo.jp 

明日は、「風の谷のナウシカ」の記事をお届けします!!