読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

三丁目の夕日、なぜか不遇だったアニメ版

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

 

今日は「三丁目の夕日(1990-1991)の魅力をご紹介します。

 

 

原作漫画は、連載開始から30年以上経って、現在も継続中

 

三丁目の夕日」は、西岸良平先生の漫画が原作の作品です。

 

色々な家庭の事情を持った登場人物達が織りなす、下町の人情劇です。

離婚、借金、病気、会社の倒産など、実生活でも身近な問題を、登場キャラ達はなにかしら抱えています。

 

登場人物の負の感情に、思わず共感してしまいます。

コミカルなデザインのキャラクターですが、彼らの感情は、ドロドロとした負の感情を持った生身の人間像そのもので、時にはその鋭すぎる人間性の描写に、見ていてドキッとさせられてしまいます。

 

この作品は、原作漫画は1974年から連載が開始し、現在も連載が続いています。

2005年に実写映画化された「ALWAYS三丁目の夕日」も、大ヒットを記録しました。

しかし1990年にテレビアニメ化された際は、全27話での全国放送予定が、各地域で続々と打ち切りになりました。

関東では最終話まで放送された地域が無く、最終話のころには関西での放送のみになってしまいました。

 

実写映画版は、本当に素晴らしい一つの映画なのですが、原作漫画「三丁目の夕日」とは空気感が別物という感じがします。

 

アニメ版は、原作漫画の雰囲気を映画よりはずっと忠実に再現しつつ、アニメならではの音、色彩、動きを添えた作品でした。

こちらが不評に終わってしまったのは残念な事です。

 

OP「恋かくれんぼ」を、演奏してみた

 

「風は木枯らし、かくれんぼ~」

作詞:松井五郎/作曲:入江剣/編曲:白井良明/歌:富田靖子

 

こんな記事も書いています

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか?  

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

明日は、「魔法騎士レイアース」の記事をお届けします!!