読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

結末が見るたびに考えさせられる、妖怪人間ベム

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

 

今日は、「妖怪人間ベム(1968)」の魅力を、お伝えします。

※本編ネタバレあります※

 

まずは、OP「妖怪人間ベム」を1コーラス演奏してみた。

 

記事を読み終わる頃に、だいたい演奏も終わります。BGMにどうぞ。

歌いだしは、

「闇に隠れて生きる、俺たちゃ妖怪人間なのさ~」

作詞:第一動画文芸部/作曲:田中正史/歌:ハニー・ナイツ

 

再放送などを見るたびに、考えさせられます。

 

妖怪人間ベム」といえば、妖怪アニメの傑作です。

年代的には古い作品ですが、今でも高い人気を誇ります。

まさに、「不朽の名作」という言葉がしっくりくるアニメです。

 

私も「妖怪人間ベム」が、古今のアニメの中でも特に大好きです。

「自分自身が見て感動する」のと同時に、「友人、家族などにも見て貰いたい」と感じる、味わい深く何度も見てしまう作品です。

 

妖怪人間ベム」は、オリジナルアニメの再放送や配信も繰り返し行われていますし、漫画、実写ドラマなど、リメイクやスピンオフの様な形で、最近も数年に一度は関連の新作が出ています。

 

妖怪人間ベム」といえば、まず絵が不気味です。

内容も明るいものではなく、登場キャラの声や音楽なども不気味です。

小さい子供はもちろんのこと、大人が見ても、結構怖かったと思います。

 

「良いことをしていれば、いつか人間になれる。」

人間になることを夢見て、人助けをしている三人の妖怪の物語です。

が、そもそも「人間になるって、そんないいことなのかな?」とも思ってしまいます。

 

このアニメは、人間の汚さやズルさが、たくさん見えるようになっています。

ベム・ベラ・ベロに命を助けられても、彼らが妖怪だとわかってしまうと、なんだかんだ手のひらを返して厄介払いにしていく。

 

三人の妖怪たちは、人間にならない限りけっして同じところにはいられないのです。

だから旅を続けています。

そして、また行く先々で困っている人を助けては、恩を仇で返されるような仕打ちを受け続けていきます。

犯罪者の家族のような、肩身の狭い思いをしているとおもいます。

 

「人間になりたい。」

ただそれだけを思っていたのに、最後は人間達による火事にまきこまれて、焼かれて死んでしまうような描写で終わります。

 

「最後は人間になって、みんなでしあわせに暮らしました。」

と言ったハッピーエンドではないのも、この作品らしくてさらに印象にのこります。

 

この世に救いはないということなのか?

それとも「人間になる」という事は、幸せになることではないから、このようなラストにしたのか?

 

結末の真相と意味は、見るたびに考えさせられます。

また最初からみたくなってしまいました。

 

こんな記事も書いています

  

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか?  

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp