読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

宇宙戦士バルディオス、知られざる衝撃の最終回!!

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

 

今日は、「宇宙戦士バルディオス(1980-1981)」の魅力を、お伝えします。 

※ネタバレあります。 

 

  1. 楽天へのリンクです)

 

まずは、OP「あしたに生きろバルディオス」を演奏してみた。

 

記事を読み終わる頃に、だいたい演奏も終わります。BGMにどうぞ。

歌いだしは、

「やさしい風があつまって、空のブルーになるんです~」

作詞:保富康午/作曲、編曲:羽田健太郎/ 歌:伊勢功一 

 

鬱エンドのはしり?衝撃の最終回

 

宇宙戦士バルディオス」とは、1980年から翌年1981年まで放送された、葦プロダクション国際映画社製作のロボットアニメです。

 

物語の大まかな流れとしては、

「母星を失った地球侵略軍アルデバロンが移住可能な地球を見つけ、超兵器を使い、地球侵略を行う」

といった内容です。

 

王道的なストーリーのロボットアニメですが、最終回は、のちに都市伝説になる程の、あまりにも凄絶な「鬱エンド」の走りでもありました。

 

どんな鬱エンドだったのか、それを今日は語りましょう。

 

まずアルデバロンの侵略兵器である人口太陽が登場し、南極と北極の氷を溶かしてしまいます。

溶かされた氷が津波となり、地球の地表を、大陸を呑み込んでしまいます。

津波によって沈む大都市。

人々の悲鳴が響く中で、唐突に赤い画面に切り替わり白字の「完」の一文字で、「宇宙戦士バルディオス」は終了しました……。

 

子ども心に、この終わりはトラウマものでした。

後のアニメ作品の鬱エンドの走りとしてもおかしくない、あまりにもな壮絶な人類抹殺エンド。

 

新世紀エヴァンゲリオン」より前にもこんな終わり方があったのか、と驚くぐらいに、壮絶な終わりでした。

 

この結末に、当時制作会社に苦情が殺到しました。

電話がパンクする程に、一日中ファンの文句が殺到したのです。

 

のちには完全版の放送を求める署名活動にまで発展し、ファン集会や自主上映会が開催されるなど、都市伝説が生まれました。

 

そんな伝説的な鬱アニメの走り。

 

衝撃的なその内容は、後の鬱エンド作品すら霞んで見える程の出来栄えです。

 

こんな記事も書いています

  

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか?  

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp