読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

ママレード・ボーイ、恋愛てんこもりのオムニバスの様相

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

 

今日は、「ママレード・ボーイ(1994-1995)」の魅力を、お伝えします。  

 

まずは、OP「笑顔に会いたい」を演奏してみた。

 

記事を読み終わる頃に、だいたい演奏も終わります。BGMにどうぞ。

歌いだしは、

「だけど気になる、昨日よりもずっと~」

作曲、歌:濱田理恵/作詞:柚木美祐

 

放送当時の胸キュンを思い出す。

 

 「ママレード・ボーイ」このアニメは、もう当時胸きゅんのアニメでした。

イラストも好みのカッコいい感じで、登場するキャラクターが美男・美女揃いでした。

 

ストーリーは、主人公、松浦遊とヒロイン、小石川光希の両親が同時に離婚して、お互いのパートナーと再婚しあうというトンデモナイ事態から始まります。

 

しかも、同じ屋根の下で小石川、松浦両家族が暮らすことになります。

ますますあり得ない感じですが、極めつけに遊と光希が恋愛関係になってしまいます。


そして遊、光希の両親たちが学生時代からの知り合いである事が判明し、さらに遊と光希が血の繋がった兄妹である可能性が出てきます。


一度は距離を置く二人ですが、想いは絶ちきれず、禁断の近親婚であっても結婚することを誓ってしまいます。

 

もう、思いつく限りに目いっぱいややこしくなった家族関係、という感じの設定です。

 

しかしそれだけで話は終わらず、三角関係や、担任と秘密で付き合っている親友の話があったり、昔の失恋が誤解で本当は両想いだったり。

 

話がてんこ盛りで、胸きゅんあり、切ない恋愛あり。

 

もう、恋愛のオムニバスという感じでした。


アニメ版は好評だったため、当初の放送計画より半年間放送が延長され、原作漫画の方にはないオリジナル・エピソードの追加なども行われました。

 

普通の恋愛アニメでは、恋愛要素的に物足りなくなってしまった方に、ぜひおススメしたいです。

本当に、観始めたら止まらないアニメです。

 

こんな記事も書いています

  

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか?  

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp