読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

ド根性ガエルは、永遠なり!!

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

 

今日は「ど根性ガエル(1972-1974)」の魅力を、ご紹介します。

 

まずは、ED「ド根性でヤンス」を演奏してみた。

 

記事を読み終わる頃に、だいたい演奏も終わります。BGMにどうぞ。

歌いだしは、

「男の意地を見せるでヤンス~」

作詞:東京ムービー企画部/作曲・編曲:広瀬健次郎/歌:石川進

 

忘れられない、ひろしの寿司の食べっぷり

 

「ド根性ガエル」、最近では実写版化もされた人気作品です。

 

まず何が凄いのかというと、物語の冒頭で主人公のひろしがピョン吉(カエル)を踏んでしまってもピョン吉は死なずに、シャツにくっ付いてしまう事でしょう。

 

しかも何故か、カエルが言葉を話せる斬新さもありました。

 

そしてその後は、ひろしを助けるパートナーとして、共に過ごしていきます。

 

ひろしは、見境なく友達とすぐに喧嘩をします。

でも弱くて、何回もピョン吉に助けられます。

ピョン吉はいつも「根性根性!!」と言いながら、相手に向かって戦います。

 

周りのキャラクターも凄いのが揃ってます。

 

ひろしの後輩の五郎は、なんだか分かりませんが顔の上半分が赤いです。

小さくていつもバタバタしているイメージです。

 

それと体のでかい、ゴリライモがいます。

こんな「ステレオタイプな番長」みたいな人って本当に居たのかな?と思うようなキャラです。

 

でも、「一番衝撃的なキャラの記憶は?」と問われたら、それは寿司屋さんです。

 

ひろしの学校に勤めている、美人のヨシコ先生。

ヨシコ先生の事が大好きな、寿司屋の梅さん。

 

梅さんは、よくひろしに騙されて、寿司をご馳走する事になります。

そのひろしの、寿司の食べっぷりがたまりません。

 

「ド根性ガエル」を見ていると、何度も寿司屋に行きたいと思いました。

このアニメを見ていてそう思った人は、きっと多いはずです。

 

結構ストーリーは破天荒な所もありますが、他には無いアニメです。

 

お寿司のおともにも、オススメします。

 

使ってみよう、名セリフ!!

  

「ざまぁカンカンカッパのへ――!」

・対象の方に、因果応報な出来事があったとき。

・対象の方に、カッパの屁を嗅がせたいとき。 

など。

 

こんな記事も書いています

  

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか?    

 

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp