読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

J9シリーズ3部作の集大成!!銀河疾風サスライガー

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

 

今日は、「銀河疾風サスライガー(1983-1984)」の魅力を、ご紹介します。

 

まずは、OP「銀河疾風サスライガー」を1コーラス演奏してみた。

 

記事を読み終わる頃に、だいたい演奏も終わります。BGMにどうぞ。

歌いだしは、

「Solar wind 心の帆に受けて~」

作詞:山本 優/作曲:山本正之/編曲:久石 譲/歌:MOTCHIN(アイ高野)

 

3部作の集大成!有名小説がモチーフの、サスライガー

 

銀河疾風サスライガー」は、「銀河旋風ブライガー」、「銀河烈風バクシンガー」に続く、J9シリーズの3作目にして最終作です。

 

舞台は、バクシンガーの世界からさらに後の未来という時代設定になっています。

それまでの時代劇テイストから脱却し、一変ギャング映画のような世界観になっています。

 

この作品の元になったのは、フランス人の小説家のジュール・ヴェルヌが描く「80日間世界一周」という有名な小説です。

 

ブルースがブラディ・シンジケートと賭けをし、その賭けに勝つために銀河を仲間とともに旅するというストーリーです。

前作の「銀河烈風バクシンガー」とは違い、かなり明るい軽めのテイストになっていますが、このことは前作とのバランスがとれていると感じます。

 

主人公たちが乗る蒸気機関車型の乗り物「J9-III号」が「サスライガー」に変形します。

メカニックのデザインも、前2作とは全く違った緑を基調としたメカデザインになっています。

(これは物語の設定の都合上かもしれませんが)

 

キャラクターデザインも、アイザック、シュテッケンと前2作の主人公は似た姿で描かれてきた印象でしたが、今作のブルースはまた違った姿で描かれており、他2作と比べてデザイン面での共通点は少し薄めになっています。

 

3部作の最終作であるサスライガーですが、色々な点で過去のJ9シリーズと区別される作品になっていると思います。

しかしながら、やはりJ9シリーズの集大成。

シリーズ通して見ると、より楽しめることは間違いありません。

 

こんな記事も書いています

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりません? 

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp