読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

幻?のアニメ・東映版「遊☆戯☆王」の魅力について

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

 

今日は、「遊戯王(1998)」の魅力を、お伝えします。

 

まずは、OP「渇いた叫び」を1コーラス演奏してみた。

 

記事を読み終わる頃に、だいたい演奏も終わります。BGMにどうぞ。

歌いだしは、

「このままもう少し、歩こう肩を抱き~」

歌:FIELD OF VIEW/作詞、作曲:小松未歩

 

カードゲーム主体ではない、初代「遊☆戯☆王」の魅力

 

「遊☆戯☆王」というとやはり、カードゲームがあまりにも有名です。

その人気ぶりたるや、ギネスブックにも載るほどです。

 

実際に、「遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ」としてのアニメも、制作されました。

 

数々の名バトルや、個性的なキャラクター達が人気となった本作です。

ですが実は、これよりも前に遊☆戯☆王のアニメ化は一度されていました。

それがタイトルの「東映版、遊☆戯☆王」です。

 

「デュエルモンスターズ」と違い、カードゲームは殆ど登場しません。

主人公である闇遊戯が、ヨーヨーやトランプなどありふれた玩具を使って悪人たちにゲームを挑み、成敗するという「勧善懲悪ヒーローもの」の色が濃い作品になっています。

 

「さあ、ゲームの時間だ!!」の名台詞によるゲーム開始に始まり、緻密な頭脳戦・心理戦を経て、敗れた相手に手痛い罰ゲーム(火傷や感電など)を浴びせるまでがおおよその流れです。

 

決して完全な善人ではない主人公・闇遊戯の、まさにダークヒーローなキャラクターも魅力です。

王道タイプの主人公とは、また一味違った格好良さがあります。

 

そんな「東映版、遊☆戯☆王」ですが、実はかなりレアな作品です。

放送当時はVHS化こそされたものの、現状では視聴するのは非常に困難な作品と言えるでしょう。

 

しかしカードゲーム主体のシリーズとはまた違った魅力があり、キャスト陣も豪華で構成も秀逸と、傑作であることは疑いようがありません。

 

是非一度ご鑑賞下さい。

 

こんな記事も書いています

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか?   

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp