読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

サリーちゃんのアニメ再放送、夏休みの絶対体験だった!!

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

 

今日は、「魔法使いサリー(1966-1968)」の魅力を、お伝えします。

 

まずは、OP「魔法使いサリー」を1コーラス演奏してみた。

 

記事を読み終わる頃に、だいたい演奏も終わります。BGMにどうぞ。

歌いだしは、

「マハリク、マハリタ、ヤンバラヤンヤンヤン×2~」

作詞 - 山本清/作曲 -小林亜星/歌 -スリー・グレイセス・薗田憲一とデキシーキングス

 

アニメが、朝も夕方も頻繁に放送されていた、古き良き時代

 

今の50歳代の人にとっては、『魔法使いサリー』(当時NETテレビ)の再放送は、夏休み絶対に体験している思い出なのではないかと思います。

 

最近は、朝の時間帯にテレビで流れる番組がワイドショーばかりになってしまいましたけれど、昭和40年代の頃は、春休みや夏休みになると必ず朝の時間帯に『魔法使いサリー』とかハンナ・バーべラのアニメ(ワニが出てくるやつ)などが放送されていました。

 

魔法使いサリーの本放送は、第1回の「かわいい魔女がやってきた」から第17回「サリーと王女」まではモノクロ放送でした。

第18回「パパはにせもの」からがカラー放送になりました。

 

再放送では、カラーになってからの18話以降のエピソードだけが放送されていました。

そのため、再放送版のみで魔法使いサリーを見ていた人は、モノクロの記憶がないわけです。

 

最近では、雑誌「りぼん」に連載された原作漫画がカラー版で復刻出版されました。

でも、我々の世代にとってサリーちゃんといえば、やっぱりテレビアニメですね。

(もっとも私は男の子だったので、「りぼん」を読んでなかったという事情はあります。)

 

最終回「さよならサリー」は、いまでもDVDで見ると涙が出ます。

子ども向けのテレビアニメの番組が、朝も夕方も頻繁に放送されていた、古き良き時代を代表する名作です。

 

こんな記事も書いています

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか? 

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp