読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

放送開始から15年以上経った、遊戯王シリーズの魅力。

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

 

今日は、「遊戯王(1998)」の魅力を、お伝えします。

 

まずは、OP「渇いた叫び」を1コーラス演奏してみた。

 

記事を読み終わる頃に、だいたい演奏も終わります。BGMにどうぞ。

歌いだしは、

「このままもう少し、歩こう肩を抱き~」

歌:FIELD OF VIEW/作詞、作曲:小松未歩

 

放送開始から15年以上経った遊戯王シリーズ。

 

遊戯王」のアニメは、最初の学園編をメインにした「東映版」から始まりました。

その後、カードゲームを中心とした「デュエルモンスターズ」に移行しました。

 

それが完結すると、シリーズごとに主人公が入れ替わるようになり、デュエルアカデミアが舞台となる「GX」になりました。

 

次は、ゼロリバースによって、童実野町が壊滅し、貧困層富裕層の調和を描いた「5D’s」。

 

近未来的なハートランドシティについての話を描かれた「ZEXAL」。

 

次元戦争を止める為に戦う「ARC-V」の、全六作品があります。

 

六作品のなかで一番知名度が高いのは、おそらく「デュエルモンスターズ」でしょう。

大ヒットしたオフィシャルカードゲームの遊戯王は、このシリーズを元に作られています。

この作品が無ければ、後続の「GX」等のシリーズには続かなかったであろうと思われます。

 

遊戯王の名セリフといえば、やはり「オレのターン。ドロー」です。

オフィシャルカードゲームをする際には、ドローフェイズのときにこのセリフを発する人が多いです。

 

遊戯王といえば、カードなどのゲームで戦うアニメですが、ゲームでのバトル以外のストーリーには、いろいろ不可解な点があります。

 

それは、キャラクター達の行動です。

 

5D’sで例をあげるのなら、敵の基地に潜入したものの見つかってしまい、追われてしまいます。

 

そのときに、目の前にシャトルがあったので彼等はそこに隠れこむのですが、その際、敵によってそのシャトルの扉が閉められて、閉じ込められてしまいます。

そのあとさらに、シャトルが異次元に発射されてしまうのです。

 

他にも「おや?」と思う行動が、まだまだあります。

登場キャラ達の不可解な行動パターンを探してみるのも、遊戯王の醍醐味だと思います。

 

こんな記事も書いています

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか?     

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp