読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

機動新世紀ガンダムXの印象が薄いのは何故?

スーパーロボット大戦 富野由悠季監督 ガンダム

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

 

今日は、「機動新世紀ガンダムX(1996)」の魅力を、お伝えします。

 

まずは、OP「DREAMS」を1コーラス演奏してみた。

 

記事を読み終わる頃に、だいたい演奏も終わります。BGMにどうぞ。

歌いだしは、

「忘れかけた夢が今動き出す~」

作曲、作詞、歌:ROMANTIC MODE

youtu.be

 

シリーズの中で、印象が薄いガンダム

 

ガンダムシリーズは、だいたいどの作品も印象に残っているものですが、この「機動新世紀ガンダムX」に関しては、その印象がすごく薄いです。

 

原因としては、視聴率が振るわなかったことによる放送時間の変更や作品の短縮があります。

当時のアニメファンの認知度も、低かったと思います。

 

今は、早朝や深夜にアニメ放送がされていても違和感がないです。

しかし、ガンダムXの放送していた当時は、物語の途中から早朝6時に放送時間が移動されてしまいました。

そもそも視聴率が低かった事が原因なのかも知れないですが、放送時間の変更で観る人がさらに激減してしまい、視聴率が1.2%までダウンしてしまいました。

スポンサーも減り、プラモデルの販売も振るわなかったようです。

まさに、「氷河期時代のガンダム」です。

 

モビルスーツのフォルムも、前作ガンダムWが非常にインパクトが強かったために、少し派手さが抑えられた雰囲気に感じられました。

アニメファンにとっては、何か物足りなかったのかもしれないです。

 

最近になって、徐々にガンダムXの商品化もされるようになってきているのは嬉しいことです。

 

短命(全39話)に終わってしまった印象の薄い作品ではありますが、主題歌もいい曲ですし、残っていってほしいと思います。

 

本編を見てみたい方には

 

【楽天でDVD・BOXの最安値をチェックする】

 

こんな記事も書いています

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか?    

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp