読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

めぞん一刻、響子と五代の恋愛。不思議な借家人

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

 

今日は「めぞん一刻」の魅力を、ご紹介します。

 

響子と五代の恋愛。不思議な借家人

 

めぞん一刻の作者は、高橋留美子先生です。

 

管理人の音無響子は,年齢に比べて恋愛に対して免疫がありません。

とても初々しく感じます。


そこに、浪人生の五代裕作が下宿して、恋愛になります。

年下の五代が響子さんに恋愛感情を持つのは順当ですが,普通なら浪人生は相手にされないものです。


ところが響子さんも幼いところがあり,この五代が気になる存在になります。
普段上品で大人しい響子さんが,五代に女友達といっしょにいるところを見ると
「あのませガキ」と、焼きもちを焼くのが可笑しいです。


五代は気が弱い,優しいだけの男なので,何故女性にもてるのか理解しにくいところです。


お互いにもう一歩踏み込めないところが,もどかしくはらはらします。
それをからかってちゃちゃを入れる、借家人たちの毎日の宴会も見どころです。


明美ちゃんの誘惑,おばさんの酒攻め,四谷さんの怪しいコメントが、物語を盛り上げてくれます。
当然,ハンサムなライバルも出現するのですが,彼を慕う清楚な女性もとても可愛いのです。
元公家の九条明日菜は消え入りそうな声で話し,傷付きやすいのです。


ライバルは生きている人物だけでなく,死んだ惣一郎への愛も絡まります。
これぞ,大人の恋愛物語です。

 

響子と五代の恋愛。不思議な借家人

 

「手のひらのそよ風が、光の中きらきら踊り出す~」

歌:斉藤由貴/作詞:森雪之丞/作曲:玉置浩二/編曲:武部聡志

 

こんな記事も書いています

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか?  

detchup.hateblo.jp 

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp