読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

原作者お墨付きのほうのムーミン、楽しいムーミン一家

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

 

今日は、「楽しいムーミン一家(1990-1991)」の魅力を、お伝えします。

 

まずは、「ねえ!ムーミン」を1コーラス演奏してみた。

 

記事を読み終わる頃に、だいたい演奏も終わります。BGMにどうぞ。

歌いだしは、
「ねえムーミンこっちむいて、はずかしがらないで~」
歌:藤田淑子/作詞 : 井上ひさし/作曲 : 宇野誠一郎

 

原作者の怒りを買った1969、1972年版と、お墨付きの1990年版

 

ムーミン」は、トーベ・ヤンソンの小説が原作のアニメです。

ムーミン」のアニメが日本で初めて作られたのは、1969年です。

 

こちらの「ムーミン」は、原作を改変しすぎたために、原作者のトーベ・ヤンソンの怒りをかってしまいます。

ギターを弾いたり、自動車が登場したりするのが不評であったといわれています。

結局「日本国以外では放送禁止」という扱いになってしまい、現在も試聴が困難なアニメの一つになってしまいました。

 

ですが、1990年版『楽しいムーミン一家』は、ヤンソン女史が制作にかかわっている「お墨付き」アニメといえます。

 

監督には、世界名作劇場シリーズのアニメも数作手がけ、この当時ですでに大ベテランだった斎藤博監督です。

キャラクター設定は、『とんがり帽子のメモル』で高い評価を得た名倉靖博さんです。

 

原作の雰囲気を踏襲した、ファンタジックで温かい雰囲気が再現されています。

昭和版ムーミンではニヒルな風来坊にされていたスナフキンも、ギターを弾かない優しいお兄さんになっていました。

 

白鳥英美子様によるOP曲『夢の世界へ』も、ムーミンの7世界観に合ったすばらしい曲です。

また、白鳥様はナレーションも担当しておられます。

 

ムーミン役には、当時若手声優のなかで人気うなぎ登りだった高山みなみ様。

フローレン役には、かないみか様。

ミイ役には、『魔女の宅急便』で高山さんと共演経験がある佐久間レイ様が起用されています。

それ以外の脇役にも、今でも活躍している実力派俳優が配されています。

 

この作品では、ムーミンパパの若いころの冒険物語や、ムーミンママとの出会いなどのエピソードも挿入されていて、作品に厚みと楽しさを増しています。

 

現在はアニメ版「ムーミン」といえば、こちらの「楽しいムーミン一家」であると言ってもいいでしょう。

日本アニメ界の中でも、有数の名作です。

 

こんな記事も書いています

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか?  

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp