読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

ターンAガンダム~異色づくめのガンダム~

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

 

今日は、「∀ガンダム(1999-2000)」の魅力を、お伝えします。

 

まずは、OP「ターンAターン」を1コーラス演奏してみた。

 

記事を読み終わる頃に、だいたい演奏も終わります。BGMにどうぞ。

歌いだしは、
ターンAターン×2、ターンA、刻が未来にすすむと誰がきめたんだ~」

作詞:井荻麟/作曲:小林亜星/編曲:矢田部正/歌:西城秀樹

 

 20世紀最後のガンダムは異色づくめ

 

日本人なら、その名前を知らない人がいないほどのアニメシリーズ『ガンダム』。

 

このシリーズの中でも、異色のガンダムといえるのが『ターンAガンダム』です。

 

まずそのデザイン自体が異色です。

「ヒゲを生やしたガンダム」というのは、賛否両論ありました。

 

もともとシリーズのひとつ『機動武闘伝Gガンダム』でも「マンモス型のガンダム」「セーラー服を着たガンダム」など前例はあったものの、∀ガンダムは主人公機のデザインとしては、先駆的なものであったのは違いありません。

 

そして、他のガンダムシリーズでは、

「地球を統括する軍事組織(地球連邦など)VS宇宙で独立を目指す国家的組織(ジオン、木星帝国、ザンスカールなど)」という構図が一般的でした。

ですが本作では「一国家単位VS地球への帰還を目指す民たち」の争いが描かれております。

 

戦闘以外のシーンが多いのも特徴です。

それゆえにリアリティがあり、現実の戦争に近いともいえるでしょう。

 

そして地球側も、月側も当初は戦争を望んでおらず、平和を求めているのは主人公のロラン、月の女王ディアナ、エースパイロットのハリーなど、なるだけ穏健にことを運びたいと願っています。

 

物語の最後のほうになって、ギンガナムという男が「戦いを求めるがためだけに戦う」という動機で戦争を拡大させるのですが、その目的も異色といえます。

 

最後のターンA対ターンXのシーンは燃えますので、そちらもお勧めです。 

 

こんな記事も書いています

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか?  

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp