読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

戦闘メカザブングル、独特の世界観を持つメカニックデザインに優れた作品

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

 

今日は「戦闘メカザブングル(1982-1983)」の魅力を、ご紹介します。

 

独特の世界観を持つ、メカニックデザインに優れた作品

 

戦闘メカザブングルは、1980年代に放送されたロボットアニメのテレビ番組です。

ロボットアニメ最盛期だった当時の中でも、戦闘メカザブングルは大好きな番組でした。

 

<優れたメカニックデザイン

2台のマシンが合体して、人型に変形するザブングルは、腕や腰にタイヤが付いていたり、バズーカーなどの重装備バージョンがあったり、とにかくメカニックデザインがかっこいいです。

コックピットのデザインも斬新で、なんとハンドルでザブングルを操作するのです。(どうやってハンドル一つで、ザブングルの細かな動きを操作できるのかは置いといて)

そして、戦艦から巨大ロボットに変形するアイアンギアは、足の部分が2つに割れるなど、変形が非常に凝っています。

変形するにもかかわらず、変形前の戦艦、変形後の巨大ロボットのデザインが、それぞれかっこいいのです。

 

<主人公が3枚目>

ザブングルにでてくる主人公ジロン・アモスは、当時のアニメでは珍しく、とてもかっこいいといえる容姿ではありません。

顔はまん丸で、どちらかというと太っています。

しかし情に厚く、自分の信念を貫いて進んでいくところに、仲間が集まってきます。

顔がかっこよくないから、むしろ魅力的に感じるキャラクターなのかも知れません。

 

戦闘メカザブングルは、新しいことにチャレンジした魅力のある作品だと思います。

 

使ってみよう!!名セリフ

 

「美形は死ね!!」

 【用法】
・あなたが、あなたより容姿風体が勝る方を、排除したいとき。
・世の美形全般に対して、怒りが募ってきたとき。

 など

 

OP「疾風ザブングル」を、演奏してみた

 

「ハヤテのように、ザブングル×2~」

作詞:井荻麟(=富野由悠季)/作曲:馬飼野康二/歌:串田アキラ 

 

こんな記事も書いています

  

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか? 

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp