読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

機動戦士Vガンダムの、ガンダムを消耗品扱いするウッソに怒り!!

スーパーロボット大戦 富野由悠季監督 ガンダム 機動戦士Vガンダム

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

 

今日は、「機動戦士Vガンダム(1993-1994)」の魅力を、お伝えします。

 

 Vガンダムは消耗品?ウッソへの怒り

 

機動戦士Vガンダムは、シリーズ4作目となるガンダムで、ZZガンダムまでのシリーズとは舞台や年代がつながらない、まったく違う話です。

新しいガンダムとしてスタートされました。

 

視聴者の年齢層もゲーム世代をターゲットにしたことから、主人公の年齢も13歳に引き下げられ、ウッソ・エヴィンという少年が主人公になりました。

 

この主人公ウッソが、自分にとっての大切な人を守るためにガンダムに乗り、大人の戦争に混じって戦うことになります。

しかし、この戦い方がガンダムファンにとってはあり得なかった。


Vガンダムは、「ハンガー、ブーツ、コアファイター」の3つのパーツからできているのですが、主人公のウッソは、このハンガーの部分を敵にぶつけて倒していきます。

 

初めて観たときは、

ガンダムをぶつけていいのかよ?量産タイプでもないのに!!」

と、愛機のガンダムを壊していく主人公にどうも馴染めなかったですね。

 

たとえ腕とか足とかだけでも、話の要であり作品の象徴である「ガンダム」を消耗品のように扱わないでほしかったと、怒りにも似た感情を持ちました。

 

本作は、他に後半になると宗教的な要素や性的な描写、残虐シーンもあり、放送されている時間を考えたら、色々問題もあった作品だったのではないかと思います。

 

OP「Stand up to the Victory」を、演奏してみた

 

「激しい雨が心を震わせる、あの日のように~」

作詞:井荻麟富野由悠季)・みかみ麗緒/作曲:川添智久/歌:川添智久

 

こんな記事も書いています

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか?  

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp