読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

鉄人28号は、シンプルイズベスト。

名セリフ スーパーロボット大戦 横山光輝先生の漫画 演奏コメント

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

  

今日は「鉄人28号(1963-1966)」の魅力を、ご紹介します。

 

元祖戦い系ロボット、鉄人28号


「第二次大戦中に兵器として開発された人型巨大ロボットがその後、正義のために戦う」

この設定からしてすでに、歴史を感じさせるストーリーです。


本来は、ストーリのもとになるのは、少年探偵、金田正太郎が大人顔負けの活躍で悪を倒していくというもので、彼が操るロボットが「鉄人28号」です。

 

彼は車も運転します。愛車はアルファロメオです。

そして拳銃を扱い、ヘリコプターや戦闘機も使いこなせます。

 

大きい家に一人で住んでいて、そのいでたちは、ブレザーに半ズボンにネクタイという今で言うと名探偵コナンのようです。

そして、これもコナンと同じですが警察にも出入りしていて、結構、役にたったりします。

 

彼が鉄人28号を操るときに使うのは、箱型のコントローラーです。

(確かビジョンコントローラー、通称Vコンと呼ばれるもの)

これは両手で持って操作ができるもので、レバーが2本突き出ていて、そして、ボタンが2つか3つついているだけのものでした。

 

これを使って人型ロボットを本当の人間のように操り、戦闘をしてしまいます。

ある意味、究極というか理想の状態ですね。

これぐらい、コンパクトでシンプルなコントローラーで、あれだけの高度なことができるのですから、現代の技術を遥かに超越した理想的なもののような気がします。

 

まるで、作者が当時の1歩先を超えて、2歩も3歩も先へ行っているような印象さえ受けますね。

 

使ってみよう!!名セリフ!!

 

「皆さん(【鉄人28号】、または別の言葉)、の時間です!!」

【用法】
・好きなアニメ番組が、放送される時間になったとき。
・試合の開始などを、高らかに宣言したいとき。

など。

 

OP「鉄人28号」を、グリココーラス付きで演奏してみた。

 

「グリコ!グリコ!グー、リー、コー~」

作詞・作曲:三木鶏郎/歌:デューク・エイセス 

 

「前奏、後奏の代わりに、グリコ製菓のテーマ曲(いわゆる、グリコ・コーラス)がくっついたテレビ放送当時のOPバージョンで演奏しています。

音楽的に無理やりくっつけてる感が、むしろ楽しいですね。

単一企業が1本のアニメのスポンサーになる形態がほとんど消えてしまったので、こういうOPは今は作れないでしょう。」

 

こんな記事も書いています

  

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか?   

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp