読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

計り知れない数、膨大な無限に近い数字、赤い光弾ジリオン

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

  

今日は「赤い光弾ジリオン(1987)」の魅力を、ご紹介します。

 

セガ初のメディアミックス作品

 
赤い光弾ジリオンとは、1987年4月12日から1987年12月13日まで日本テレビ系列で放映された作品です。

科学忍者隊ガッチャマン」や「宇宙の騎士テッカマンブレード」など、一世を風靡したアニメで有名な、タツノコプロが手掛けた事で有名な作品です。

 

また、当時セガ・エンタープライゼス(現・セガゲームス)が発売していた玩具『超高速光線銃ジリオン』の販促番組でもありました。
このアニメ作品は、セガにとって初のメディアミックス企画作品であり、あの「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の前の、アニメ作品となります。

 

劇中には、アーケードゲームで大人気を博した『ファンタジーゾーン』の主役キャラクターであるオパオパが登場するなど、見どころ十分な作品に仕上がっています。

アニメ雑誌『アニメージュ』で特集が組まれるほどの人気を博し、「聖闘士星矢」に次ぐ人気を持った作品でもありました。

 

ジリオンのネーミングは、「計り知れない数、膨大な無限に近い数字」という意味を持つ英語の“ZILLION”から転じて、「未知なるもの」という意味に由来します。


ジャパニメーションのSFアクションとして、新たな基盤を作った本作は、SFアクションに青春グラフィティを折り込みました。

 

ただ事件が発生し、主人公達が悪を討って解決するだけの単調な作品ではなく、メカや世界観などに細かな設定が精密に描かれています。

登場人物の描写など、ジリオン独特のSF世界観が、当時のアニメファンの驚嘆を刺激しました。

ありきたりなSFではなく、独自性を持って作りだされたアニメ──赤い光弾ジリオンは、1980年代至高のSFを堪能したい人におススメな作品です。

 

OP「ピュアストーン」を、演奏してみた

 

「(What!!)誰かの声が(Call Me!!)私を呼ぶわ×2~」

作詞:戸沢暢美/作曲:大内義昭/編曲:小林信吾/歌:結城梨沙.

 

こんな記事も書いています

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか?

detchup.hateblo.jp

 

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp 

明日は、「ママレード・ボーイ」の記事をお届けします!!