読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

愛してナイト、声優堀江美都子様を世に押し出したアニメ!!

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

 

今日は「愛してナイト(1983-1984)」の魅力をご紹介します。

 

アイドル声優ブームの先駆け?声優を前面に出した演出、が印象的。

 

愛してナイト」とは、1983年3月から1984年1月まで、テレビ朝日系で放映されていた全42話のアニメ作品です。

原作漫画は1981年「別冊マーガレット」にて連載し、関西の下町のお好み焼き屋が舞台です。

主人公は、そこで働く看板娘の三田村八重子で、人気ボーカリスト加藤剛と、すったもんだの恋愛模様を描いた作品です。

作者は、「イタズラなKiss」などで著名な、多田かおる先生の漫画が原作になっています。

アニメ化にあたり、舞台は大阪から東京の下町へと変更されています。

また、アニメでは定時制高校に通う等の設定変更があり、当時のトレンディドラマの感覚で創られたアニメ作品です。

子どもをターゲットにした作風ではなく、中高生をターゲットにした新しい感覚の作風を取り入れた事で、新感覚のアニメに感じました。

また、当時のドラマやコメディ番組で行われた「おたよりコーナー」のように、アニメの主人公である三田村八重子を演じる堀江美都子様が、星座を紹介する「やっこの恋占い」がというコーナーが毎週用意されていました。

星座占いを紹介するというアニメでは初のコーナーに加え、主人公を担当する声優である堀江美都子様が主題歌を歌う等、様々な試みがなされたアニメ作品です。

 

昨今のアイドル声優ブームの先駆けとも言えるような、「声優を前面に出した演出」が印象的な作品でした。

芸能の世界において裏方であった声優を、表へと出した最初の作品だと思います。

 

アイドル声優ブームの先駆け?声優を前面に出した演出、が印象的。

 

 「胸のはしっこ、うずうずと~」

作詞:藤公之介/作曲:小田裕一郎/編曲:久石 譲/歌:堀江美都子

 

こんな記事も書いています

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか?

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

 明日は、「銀河英雄伝説」の記事をお届けします!!