読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

機動戦士ガンダム、初代から今年で40年

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

 

今日は、「機動戦士ガンダム(1976-1980)」の魅力を、お伝えします。

 

まずは、「めぐりあい(機動戦士ガンダムIIIめぐりあい宇宙篇)」を1コーラス演奏してみた。

 

記事を読み終わる頃に、だいたい演奏も終わります。BGMにどうぞ。

歌いだしは、

「Believe!人は悲しみ重ねて大人になる、いま寂しさに震えてる~」

作曲、歌:井上大輔/作詞:井荻麟売野雅勇

 

初代ガンダムから、今年で40年。

 

機動戦士ガンダム」は、あの冨野由悠季監督によって制作された、SFテレビアニメです。

 

モビルスーツ(MS)と呼ばれる巨大ロボットが、敵味方に登場して戦います。

「巨大ロボットが活躍するアニメ」という子供向けの要素も持ちながら、物語は戦争の悲惨さや、戦術的な駆け引きなどを、リアルに描いています。

 

物語は、主人公アムロ・レイ側が所属する軍隊の連邦軍と、連邦軍と敵対するシャア・アズナブル側のジオン軍の両者が、いつ終わるとも知らない戦争を続けています。

 

その中で、戦争の意味や、戦場での命の奪い合いに対しての、各登場人物(脇役や、戦闘員では無い市民などに至るまで)の心の葛藤などが、緻密に描かれています。

今見ても、難解で奥が深い作品だと思います。

 

登場するモビルスーツは、すでに初代「機動戦士ガンダム」の中でたくさんの種類のものが登場していました。

まずは、主人公アムロが操縦する、地球連邦軍RX-78ガンダム

同じく連邦軍のジムⅡ。

ジオン軍用のものでは、ザクや、グフ、ジオングゲルググなどがありました。

 

それらモビルスーツに、さまざまなバリエーションがあります。

地上戦用のジム、地上戦用のジオン軍用のグフ、グフカスタムなどがありました。

 

ガンダムは、初代から40年経った今も新作やスピンオフ作品などが作られ続け、広がり続けています。

ですがこうしてみると、1976年に放送が開始された初代「機動戦士ガンダム」の時点で、今の広大な世界観の大部分が既に出来上がっている事に、改めて衝撃を受けます。

 

既に後継作品やスピンオフ作品が膨大な数作られてきましたが、派生作品のタイトル数が増える中でも、最初のガンダムの設定や世界観を壊さないように、丁寧に作り続けてきたなぁとも思います。

SDガンダムシリーズやGガンダムなどの、一部の作品を除いてですが。)

 

今年2016年に出された、新作OVAの「ガンダム・サンダーボルト」なども魅力的な作品でした。 

そして、こういった新作スピンオフのガンダムを見ると、いつも初代「機動戦士ガンダム」も見返したくなってしまいます。

 

こんな記事も書いています

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか?    

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp