読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

ど根性ガエルの人達はおっちょこちょい

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

  

今日は「ど根性ガエル(1972-1974)」の魅力を、ご紹介します。

 

言葉づかいが悪くおっちょこちょいでも、人情だけは人一倍

 

ど根性ガエルは1972年から、アニメ放送されていました。

原作は吉沢やすみ先生で、少年ジャンプに連載されていました。

 

中学生のひろしは、原っぱで石につまずき転んでしまうのですが、ひろしの下敷きになったカエルは、なぜかひろしのシャツに張り付いてしまうのでした。

70年代の東京の下町を舞台に、ガールフレンドの京子ちゃん、番長のゴリラいも、ユニークな学校の先生や町の人達によるドタバタコメディが特色です。

 

ギャグマンガであるため、登場人物はおっちょうこちょいの集まりです。

あえてしっかりしているキャラクターは、ひろしの母ちゃんと宝寿司の旦那だけです。

 

ほとんど全てに近いキャラクターが、向こう見ずのおっちょこちょいですが、愛すべきキャラクターなのです。

 

平素はいがみ合ってののしりあっている一面もありますが、誰かが悩んでいたら、本気で向き合ってくれたり、苦しんでいる人がいれば放っておきません。

 

実際にぴょん吉などは、川で溺れている子供をみずからをかえりみず、飛び込んで助けにいくことだってありました。

仲間が本当に悲しい思いをしていたならば、我がごとのように涙を流す人たちが、ど根性ガエルにはあふれています。

 

言葉づかいは悪いキャラ達ですが、人情だけは忘れずに生きている人達のあつまりなので、見ていて愛を感じ取れます。

 

ED「ど根性でヤンス」を、演奏してみた

 

「男の意地を見せるでヤンス~」

作詞:東京ムービー企画部/作曲・編曲:広瀬健次郎/歌:石川進

 

こんな記事も書いています

  

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか? 

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp 

明日は、「ジャングル大帝」の記事をお届けします!!