読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

コードギアス反逆のルルーシュ・主人公から見る弱さと強さ

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

 

今日は、「コードギアス反逆のルルーシュ(2006-2008)」の魅力を、お伝えします。  

 


楽天へのリンクです。

 

まずは、OP「COLORS」を演奏してみた。

 

記事を読み終わる頃に、だいたい演奏も終わります。BGMにどうぞ。

歌いだしは、

「自分を、世界さえも、変えてしまえそうな~」

歌:FLOW/作詞:KOHSHI ASAKAWA・KEIGO HAYASHI/曲:TAKESHI ASAKAWA

 

主人公ルルーシュから見る、弱さと強さ

 

コードギアス反逆のルルーシュ」というアニメを、皆様ご存知でしょうか?

この作品は、主人公ルルーシュランペルージがギアスという特殊能力を授かり、野望を胸に、超大国と戦うSFロボットアニメです。

 

まず主人公のルルーシュですが、彼は学生に扮した帝国の皇子で、とあることがきっかけでC.C.という女性と出会い「ギアス」という特殊能力を得ます。

この「ギアス」という能力について簡単に説明しますと、「他人の脳を支配する特殊能力」であり、劇中でもとても強大な力になります。

 

ルルーシュは非常にプライドが高く知性的で、人となれ合うことを嫌います。

しかし本来は優しく、情に厚い男であり二つの顔があると言えます。

ルルーシュのような性格の人物は、優しい部分を見せて立場が相手より下になることを好まず、それゆえに人と関わることを避け人一倍高いプライドで自分を守ろうとします。

 

物語が進むと、ルルーシュは「ゼロ」という別人物になりすまして帝国と戦うことを決意します。

決意の理由は愛する妹「ナナリー」が幸せに暮らす世界を作るため、そして自分の母の死因の究明という二つの行動原理を持って戦いの決意をしました。

 

アニメの世界とはいえ、自分自身の為に大きな決断をすることは並大抵の心では不可能だと思います。

 

この「コードギアス反逆のルルーシュ」を見て、みなさんも大きな決断ができるような心を持つための勉強をしてみてはいかがでしょうか?

 

  

コードギアス反逆のルルーシュ」とは、2006年から放送され、その続編にあたるR2が二年後の2008年に放送。

また、その二つの作品の間の時系列にあたるスピンオフ作品「亡国のアキト」が、全五章からなる劇場版作品を制作しています。

 

コードギアスのあらすじは、

皇暦2010年8月10日に、日本は世界一の大国である神聖ブリタニア帝国に宣誓布告され、日本は敗北します。

それによって、日本は占領されて、「エリア11」という名前になります。

それに伴って、日本人は「イレブン」と呼称され、自由を奪われます。

 

それから七年後、ブリアタニアを憎んでいるブリタニア人であるルルーシュが謎の少女に出会い、絶対遵守の力を持つギアスという力を与えられます。

 

そのギアスの力を使い、反ブリタニアのテロリストと手を組み、ブリタニアと戦っていくお話です。

 

西暦2010年は現実の世界ではもう過ぎていますが、今後アメリカなどの大国が日本に宣戦布告をして負けたりした場合は、このようになってしまうでしょうか?

この作品の様にはならないように、外国とは仲良くしたいものですね。

 

劇中には「ナイトメアフレーム」という、ガンダムのような人型のロボットが登場します。

ロボット同士の戦いも素敵ですが、この作品はどちらかというと、心理戦がとても面白いです。

 

主人公であるルルーシュは頭が良く、ギアスの力で視聴者を唖然とする展開をさせていきます。

そこが見どころで面白いので、ぜひ本編を見て下さい。

 

こんな記事も書いています

  

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか?   

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp