読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Detch UP!!’s blog

アニソン・カヴァーバンド、Detch UP!!のブログです。ニッポンのアニメとアニメ音楽の魅力を、「演奏してみた」動画と一緒にお届けします。記事に取り上げて欲しい作品、演奏してみて欲しい楽曲のリクエストなどあれば、コメントお願いします。Detch UP!!’sHP http://detchup.jimdo.com/

名曲「冒険者たちのバラード」、聴き手を地獄に落とす訴求力

こんにちは。

Detch UP!!です、こんにちは。

 

今日は、「ガンバの冒険(1975)」の魅力を、お伝えします。 

 

まずは、ED「冒険者たちのバラード」を1コーラス演奏してみた。

 

記事を読み終わる頃に、だいたい演奏も終わります。BGMにどうぞ。

歌いだしは、

「さかまく波とひらめく空が、ガンバと仲間をうちのめす~」

作詞 - 東京ムービー企画部 / 作曲・編曲 - 山下毅雄 / 歌 - すぎうらよしひろ

 

弱きものは、強きものに虐げられ

 

 「ガンバの冒険」のEDテーマ曲は、「冒険者たちのバラード」という暗い曲です。

 

この曲の悲愴感は、もの凄いです。

 

なにが凄いのかというと、歌詞がとても悲劇的で、最後まで話に救いが全くありません。

 

絶望的な困難の中で、ガンバは諦めずに立ち向かおうとしますが、その甲斐もなく結局こころざしなかばに行きだおれてしまう。

 

そんな情景が浮かんでくる詞の、歌なのです。

 

歌詞を真面目に聞いてると、テレビ放送サイズの1コーラス(たった1分半ほど)で、ひどく憂鬱な気持ちにさせられます。

 

さらに、絵柄も暗いです。

 

最後の、ノロイが襲いかかろうとしているシーンは、小さい子どもにはちょっとトラウマになりそうな迫力です。

 

今までに聞いたなかで、これだけ後味の悪いアニメソングは無く、衝撃的でとても強い印象に残りました。

 

 

子どもの頃、登場人物(登場動物?)ガンバたちに感情移入して作品を見ていたときには、この曲は暗くて大嫌いでした。

 

OPの「ガンバのうた」のように、楽しい曲に換えて欲しいと思っていました。

 

しかし、大人になって何十年かぶりに聞き返してみた時には、全く違う印象に変わりました。

 

曲を聴いて、子どもの時に感じた悲愴感や、救いの無い嫌な感じを昔と同じように感じました。

 

ですが、それが決して嫌いな感じではなくなっていて、何かカタルシスの様な癒しみたいなものすら感じられました。

 

聴き手のネガティブな感情に訴える曲ですが、これだけ強い訴求力のある曲は素晴らしいなぁと思い、とても感動しました。

 

「ガンバの物語」本編とあわせて、是非一度アニメーションつきで見て欲しいと思う名曲です。

 

ちなみに本編は、この曲の歌詞どおりのストーリーでは無いので、ご安心ください。

 

こんな記事も書いています

  

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

よろしければ、もう1記事ご覧になりませんか?  

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp

detchup.hateblo.jp